六本木駅すぐの歯医者・歯科「あおばデンタルクリニック」夜8時まで・土日も診療。一般歯科、痛くない治療、インプラント、また歯科専門医による矯正治療も行っている歯医者です。

予約

24h メール相談

メイン画像

タイトル

当院では患者様の精神的・肉体的負担を最小限に抑え、
そして、「綺麗に、そして歯の寿命を可能な限り延ばす治療」を行います。

モットーは「綺麗に」「痛みを抑え」「歯の寿命を延ばす」治療です。

あなたにとって、重要視したいことは何ですか?

虫歯治療は「痛い」「歯を削る」「神経を抜く」治療が伴います。
当院ではこれらのことを、可能な限り負担を少なく、そして最小限で対応しております。
下記項目で興味があるボタンを押してご確認ください。

自信があります!-可能な限り「痛みを抑えた」虫歯治療

2ショット

昔と違い、「虫歯治療は痛みがつきもの」という時代ではなくなりました。
当院では痛みについて研究し、可能な限り痛みが出ない方法で治療をしています。
具体的に当院の無痛治療をご紹介します。

表面

Step 1「表面麻酔」を使用

多くの患者様が最初に嫌がるのは、麻酔注射をする時の痛みです。しかし、その痛みも、事前に注射する箇所に表面麻酔薬をしみこませることで注射時の痛みをなくします。
多くの医院では、この処置をせずに麻酔を打つため、虫歯治療=痛いの原因になっています。

針

Step 2「極細の針」を利用

蚊に刺されても痛くないように、針が小さければ小さいほど痛みは少なくなります。
当院では現在発売されている中で最も極細の針(33G)を使い、ソフトに注射することで痛みを抑えます。

診療

Step 3「ゆっくり」注入

急激に麻酔液を注入すると細胞が膨張し痛みの原因となります。そのため、ゆっくりと時間をかけ麻酔液を注入していくことが大切になります。

その他、いくつかの無痛テクニックを駆使しています。
当院での無痛注射は自信があります。多くの患者様から「いつ注射されたのか分からなかった!」と評価もされていますので、「痛み」が苦手でなかなか歯医者に行けない方、一度ご相談ください!

可能な限り「削らない」虫歯治療

人間の歯は一度削ってしまえば元に戻ることは二度とありません。
そして、歯は治療すればするほど寿命が短くなります。そのため当院では、可能な限り「削らない」ことをモットーとしており、そのための設備を整え、治療技術を学んでまいりました。ここではどのようにして可能な限り「削らない」を実行しているのかをご紹介します。

取り組み1「高倍率拡大鏡」による視野拡大

診療2

歯を削る量を最小限に抑えるために一番大切なことは、治療部位をしっかり確認できることです。歯の治療は非常に繊細を極めますので、マイクロメートル単位での治療精度が求められます。

そこで当院では「肉眼」での治療ではなく、高倍率拡大鏡を利用し、常に、視野を拡大させた状態で治療を行います。

下の画像を見て下さい。

  • 肉眼
  • ルーペ

これは、「肉眼」と「拡大鏡」の視野を比較した画像となります。
左の画像が肉眼、右の画像が拡大鏡の視野です。どちらの方がより精度の高い治療ができるかは一目瞭然ですね。

取り組み2う蝕検知液/スプーンエキスカベーターの利用

検知

う蝕検知液とは、虫歯の部分のみを赤く染める薬剤です。
虫歯治療を行う上で一番大切なのは、虫歯に感染した部分を完全に除去することですが、通常は虫歯の硬さを頼りに、軟らかくなった部分を削っていきます。

しかし、この方法では、感染部位を確実に、そして正確に除去することはできません。
しかし、このう蝕検知液を使うと、感染した部分が赤く染まりますので、どこまで虫歯を削ればよいかが分かり、歯を削る量を最小限に抑えることができます。

スプーン

更に当院では、歯を削る量を少なくする方策として、「機器」ではなく、「手の感触」で虫歯の状態を確認する工程を踏んでいます。具体的には「スプーンエキスカベータ―」と呼ばれる道具を利用します。

虫歯に侵された部分は「軟化象牙質」といい、歯が軟らかくなっています。
もちろんこの部分は機器(ドリル)で通常は除去できますが、手の力で除去することもできます。しかし、ドリルを利用した方が一気に削ることができ、時間短縮になりますので多くの医院ではドリルで除去を済ませてしまいます。

しかし当院ではドリルだけで済ませることはしません。

なぜならば、ドリルを利用すると健康な歯までも削ってしまうことがあるためです。
そのため、ある程度はドリルを利用しますが、最後はスプーンエキスカベーターを利用し、手の感触で虫歯に感染した部分をしっかり見極め、感染部分の除去を行います。

通常よりも少し時間はかかってしまいますが、「健康な歯を可能な限り残す」という当院のこだわりとお考えください。

取り組み3コンポジットレジン治療|1日で治療が終了し、かつ、白い素材

最近ではコンポジットレジンを利用した治療法を選択される患者様が多くなりました。

  • 治療前
  • 治療後
  • 治療前
  • 治療後

一般的に虫歯治療の際に利用する「詰め物」は銀歯をイメージされるかと思います。当院では銀歯を用いることもありますが、白い素材のコンポジットレジンもご提案しております。その理由は下記になります。

  • 銀歯よりも歯を削る量を少なくできる
  • 白い素材なので銀歯と比べ見た目がいい
  • 1回の来院で治療が終了

可能な限り「神経を残す」虫歯治療

当院では「ドックスベストセメント」と呼ばれる医療先進国のアメリカで開発されたミネラルで虫歯菌を殺菌するという歯科材料を利用し、「可能な限り歯を削らず、かつ、神経を残す」という治療法を取り入れています。

ドッグスベスト

従来までの治療法であれば、虫歯に感染した神経は除去することが一般的でしたが、歯の神経を除去してしまうと、歯に栄養が行き届かなくなるため、どうしても歯の耐久性がなくなってしまうという問題がありました。

しかし、ドックスベストセメントを活用することで、歯の神経まで感染した虫歯でも神経を残す治療ができる可能性が高まります。

ドックスベストセメントは、残念ながらどの症例にも適用されるわけではなく、かつ、100%成功する治療法でもありません。つまり、夢の治療法ではないということです。
その点を事前にご理解いただき、興味がある方は一度お問い合わせください。

詰め物・被せ物の種類―お好みに合わせて様々な種類をご用意

虫歯治療後に使用する詰め物・被せ物には様々な種類があります。

良く知られているのは、「銀歯」と呼ばれているもので
これは保険適用の素材で「安価」であることにメリットがあるのですが、
「見た目」「金属アレルギー」「耐久性」「精度」などにおいてデメリットがあります。

かわって保険適用外(自費治療)の素材は、保険適用の素材と比べ「審美性」「体への優しさ」「機能性」「耐久性」「精度」などにおいて様々なメリットがあります。

当院では患者様のお口の状態、お好みなどをお伺いし、最も適切な素材をご提案いたします。詳しくは審美セラミック治療または料金表をご覧ください。

初診「個別」相談へのご案内

当院では、患者様が抱えていらっしゃるお口のお悩みや疑問・不安などにお応えする機会を設けております。どんなことでも構いませんので、私たちにお話ししていただけたらと思います。
ご興味がある方は下記からお問い合わせください。

  • お問い合わせ

電話での問い合わせ

電話

医院の住所

〒106-0032 東京都港区六本木7-15-10 A7ビル4F

診療時間
10:00~20:00--
    ▲土日の診療時間は、10:00〜17:00になります。
    休診日:木・祝
診療時間
10:00~20:00--

▲土日の診療時間は、10:00〜17:00になります。
休診日:木・祝

  • 24h メール相談
  • 夜8時まで
  • 土日診療

六本木の歯科、あおばデンタルクリニック。六本木駅すぐ平日夜8時まで。
土日も診療。一般歯科、痛くない治療、インプラント、また歯科専門医による矯正治療も行っている歯医者です。

このページの先頭に戻る